転職を本気で考える
TOPハローワーク>ジョブカフェとは?

ジョブカフェとは?

公共の施設で就職支援を行っているのはハローワークだけではありません。
たとえば他に、経済産業省が行っている若者向けの就職支援サービス「ジョブカフェ」というところもあります。
ハローワークのようにたくさんの人の中、順番に並んで急かされるように職を探すといったようなものではなく
カフェ感覚で気軽に相談に来れる施設を目指しているのだそうです。

そのため基本的にはハローワークと変わりないサービスを提供していながらも、
どこか砕けた感じの雰囲気の場でホームページの作りなんかも見やすくてわかりやすいものとなっているんだとか。
カウンセリングや情報提供、求人情報の検索、各種セミナーと一見してサービス内容はハローワークと同じように思うのですが
若者向けということで情報提供よりもカウンセリングやセミナーの方に力を入れているという特徴があります。
あまり耳慣れない施設名ですので、数も少ないのではと思うかもしれないのですがジョブカフェは一応全国に存在しているんですよ。
自宅近くのジョブカフェを見つけることができましたら、早速仕事を探してみましょう。
ということで、ここで就職までの簡単な流れを説明させていただきますね。

カフェ

ジョブカフェに着きましたらとりあえず、お好きな席に座りコーヒーでも飲みながらゆっくりと自分のペースで求人の検索などなさってください。
もしくはプロのカウンセラーもいらっしゃるということですから仕事探しの前にまずは悩みを聞いてもらってやる気を引き出してみるのも良いでしょう。
就職に自信のない方は面接の受け方や履歴書の書き方など、不安に思っていることをわかりやすく解説してくださる研修なんかもありますよ。
やりたい仕事が見つかりましたら受付にいるスタッフさんに話して紹介してもらい、面接を受けて合格すれば見事就職決定です。

求人検索にも時間制限があったり相談するにも当たり外れの人が居るらしく
就職について一層不安や疲れが増してしまいそうなイメージのハローワークに比べて
全体的にゆったりとした優しいイメージがある場所のようですね。
ですがそれはそれで就職して待っているであろう疲労や苦労に対して
精神的に耐えられるんだろうかという雇用する側の不安もあるように思うのですが...。


Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.