転職を本気で考える
TOPハローワーク>雇用保険はどうやってもらえる?

雇用保険はどうやってもらえる?

雇用保険とは失業中であっても無事に生活ができるように、
そして求職活動に専念して1日でも早く再就職ができるようにということで支給されるお金のことです。
失業してしまった場合、ハローワークに足を運んで雇用保険被保険者証を提出すれば
その雇用保険の加入期間に見合った額が受け取れる仕組みとなっています。

支給期間は、離職した年齢や離職の理由などにより異なるものとされています。
そしてこれを支給してもらうには離職する前に準備しておくべき書類があったり手続きが必要であったりするんです。

まず用意すべきものについてなのですが、冒頭にて名前を出しました"雇用保険被保険者証"という書類は
とても大事なものですので必ず在職中に有無を確認しておきましょう。
なければ会社に申請して出してもらっておいてください。
離職後に2枚の"雇用保険被保険者離職票"が交付されます。
その際に受給説明会の日時についてお知らせを受けますのでその指定された日時に
それらの書類と共に身分証明書、3ヶ月以内に撮影した縦3cm横2.5cmの証明写真2枚、
印鑑、本人名義の普通預金通帳を持ってハローワークに向かいましょう。


ハローワークに着きましたらとりあえず、入り口すぐのところに設置されている総合受付にて「雇用保険の手続きに来た」というのを伝えます。
その後離職票をチェックされて退職後にアルバイトをしていたかということを聞かれますので正直に答えてください。
次いで離職票を返されると同時に渡される求人票及びアンケート用紙に必要事項を記入することになります。
その際に注意すべきは前者は鉛筆、後者はボールペンで記入するということ。
求職票に関しましては、ネットなどを参考に予め自宅で文面を考えておくことをおすすめします。
書き終えましたら雇用保険給付科の窓口前の受付機から整理券を受け取って順番を待っていてください。
順番が回ってきましたら雇用保険制度の説明を受けて"雇用保険受給資格者証"と"失業認定申告書"が渡されて手続きは完了となります。

アンケートを書く男性

その後もすぐに受給できるわけではないのですが、待っている間にもう求職活動をはじめてしまってくださっていて構いません。
原則4週間に1度は失業状態にあることを確認するため求職活動の状況などを
失業認定申告書に記入して雇用保険受給資格者証と共に提出しなければならず、
それを終えれば漸く雇用保険が支給されることとなるのです。


Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.