転職を本気で考える
TOPハローワーク>お仕事紹介から就職までの流れ

お仕事紹介から就職までの流れ

ハローワークに足を運ぶ際に持参するものは以下の通りです。
まず会社から退職後10日以内に発行してもらえるという雇用保険被保険者証、
そして離職票、住民票、縦3cm横2.5cmの証明写真、印鑑。
初めてハローワークに足を運んで上記の書類を受理されましたら
その日から失業が確定したこととなります。
その後説明会というのが開かれますのでそこに赴き受給資格証と失業認定申告書を貰い受けます。
それらは雇用保険の手続きなどに必要となるものですので今回はこれ以上触れませんが、
貴重な書類ではあるので覚えておきましょう。



服装は普段着で構いません。
ですが稀に求人に申し込んだ際、当日に即面接に来て欲しいという会社もあるそうですので
そういった職場に対しても抵抗を感じないというのであれば
それに備えて予めスーツを着て履歴書片手に向かうのもいいんじゃないでしょうか。
ハローワークの休日については一部地域職業相談室などは別として、
基本的に日曜・祝日と12月29日から1月3日までの年末年始は休みということになっています。
では以上の基本を押さえた上で、ハローワークに訪れた際に何をどうして職場を探すべきなのかを説明させていただきます。

はじめに求職申込書に自分の希望する職種や給料などを記入します。
それを受付に提出しましたらハローワークカードというものを貰ってください。
その後は求人情報を検索したり、スタッフに相談することが可能となりますので積極的に活用していきましょう。
目ぼしいところが見つかりましたらスタッフに申し付けてその職場を紹介してもらいます。
決められた日時にハローワークでもらえる紹介状を持って面接に臨みましょう。
面接が通れば晴れて就職決定です。

ハローワークはインターネット上でホームページも用意されています。
ですから自宅からであっても職探しはできるのですが、そこに載っている情報は全く同じというわけではありません。
やはりハローワークの施設内にしかない求人もありますし、詳細について書かれていない場合もあります。
情報の更新スピードにも多少の差があるようです。
ですがそこである程度候補を絞ってからハローワークでスタッフに相談してみるというのも1つの手ではないでしょうか。


Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.