転職を本気で考える
TOPハローワーク>職業訓練を受ける

職業訓練を受ける

失業手当を受けながら再就職に必要な技術や資格を得ることができる職業訓練校という学校があります。
ハローワークには現在募集中もしくは今後募集される職業訓練についてのパンフレットが置かれているということです。

中には年に1回しか募集していない訓練校などもあるようなので現状そこにある情報が全てというわけではありませんが、
訓練校の概要を知っておくためにも得られる情報は全て得ていた方が良いでしょう。

ハローワーク内には職業訓練専門の窓口があることも多いということですので
自分なりに調べて出てきた疑問や相談は積極的に持ちかけてみることをお勧めします。
また、訓練に応募する際の手続きもこの窓口で行えるとのこと。

職業訓練は大きく分けて2つの種類に分けることができます。
1つは厚生労働省所轄の独立行政法人で、主に高齢者や障害者、求職者の雇用支援機構が運営する職業能力開発施設。
もう1つは各都道府県が管轄している公共職業訓練です。
後者の場合、民間の専門学校や企業で委託訓練を行うケースも多く専用の訓練実施場所がないということも考えられます。

それと受講料につきましても違いがあり、前者で短期受講する場合は
職業能力開発促進法の普通職業訓練短期過程に該当するため受講料は無料となるのですが
後者の場合は長期受講になることもあるのでその場合は有料となってしまうのです。



職業訓練を受けるためにはまず試験と面接があります。
受講する訓練校や選ぶコースによって違いはあるそうなんですが、
一番易しいコースですと試験というのは本当に極一般的な知識を見るもので
小学生レベルの算数や常用漢字の読み書きが出題されるとのこと。
ですので試験で落ちる方は稀で、本当に重要なのはその後の面接の方なんだそうですよ。
面接での合否判断基準は以下のような事項が考えられます。

・訓練の必要があるのかどうか
・合格後はクラス単位で授業が行われることになるので協調性があるかどうか
・最後まで続けられる人であるかどうか

ですからその対策としてこのようなポイントを抑えておけば何とかなるかと思います。
・自分にとっての訓練の必要性
・職業訓練の希望動機
・訓練を受けられたとしてその技術を具体的にどう活用するか
質問されたことにはできるだけ前向きな意見を明るくしっかりと答えるようにした方が良いみたいですよ。



Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.