転職を本気で考える
TOP面接のマナー>服装

服装

履歴書の情報では伝わらない人柄や態度などは、
実際に顔を合わせて会話をする面接の席で細かくチェックされることになります。
採用担当の方とはそこで始めて対面するわけですから、相手に与える印象は少しでも良くしたいものですよね?
ですから身嗜みはある程度整えて臨むのが常識です。
アルバイトやパートの場合は余程のことがなければ比較的問題視されない服装についても、
就職活動においては社会人としての常識やマナーが問われる立派な判断材料となります。
では、面接に適した服装というのは
一般的にどういったものなのかというのを男女別に以下で説明させていただきます。

まず、男性の場合基準となるのはスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴の4点セットです。
ジャケットに関しましては男性用のスーツで派手なものというのは
限られていると思うのであまり心配するほどのことはないと思います。
ですが、ワイシャツは顔色を良く見せるため暗い色は避けて
白か薄いブルーなどを選んだ方が良いでしょう。
ネクタイの柄はストライプやドットなど極一般的なものがお勧めですよ。
長さはベルトのバックルが隠れるぐらいに調節しておいてください。
靴下は靴と同じカラーを選び、悪目立ちする白は避けるというのが基本です。
それとポケットチーフが近年急に普及しだしたらしいのですが、これは個人のセンス次第ですね。
あまりにも突飛な柄でなければ特に問題はないかと。

次いで女性の服装ですが、女性の場合はスーツ、ブラウス、パンプスを基準とします。
新卒の就活といえばリクルートスーツが基本ですが、
転職の場合は黒や紺に拘る必要はないとのこと。
ですが、だからといって極端に派手な色はNGですよ。
季節感のあるパステルカラーで決めれば
大人の女性らしさが表現できて好印象を持ってもらえるのではないでしょうか。
ブラウスも同じくスーツの色に合う控えめなものを選びましょう。
靴は服に合わせた色のパンプスが基本で、
つま先の露出しているものや歩いた時に靴音が響くものは避けた方が良いとされています。
また、いくら自信があるからといっても素足はいけませんよ。
ストッキング着用は絶対です。

以上。一般的にはこのような服装が就職活動の面接における正装とされています。
ですが職種によってはもっと自由度が高いところもあるようです。
とはいえその場合におきましても他人に不快感を持たせるような行き過ぎた服装はNGとなるので、
どれくらい自由なのかというのは事前に調査しておく必要があると思います。
調べてみたけどどうしてもわからないという場合は
無難に襟付きのシャツやブラウスにジャケットを着用しておきましょう。
あとこれは職種や性別に拘らず基本的なマナーとして言えることなのですが、
着用する予定のスーツが清潔に保たれているかとかサイズが合っているかとか
アイロンがけを忘れていないかなどの確認は面接前日に欠かさず行っておいてくださいね。


Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.