転職を本気で考える
TOP面接のマナー>髪型

髪型

自分なりに完璧と思える履歴書を提出できて、態度や口調にもしっかりと気を使えていた。
それなりの手応えはあったはずなのに何故か不合格通知が届いてしまったというご経験はありませんか?
それはもしかしたらあなたの見た目に何か問題があったのかもしれません。
転職を考える人の中には、新卒ではないからこれぐらいなら許されるだろうと
自分で勝手にラインを引いてしまう方も多いんだそうです。
そうして気を抜いてしまった結果、書類他は完璧だったのに
見た目で損をしてしまって残念な結果に終わってしまうというケースも少なくはないんだとか。
見た目が良いから採用されるなんてことは当然ながら有り得ませんが、その逆は普通に在り得ることです。
ですから面接には服装を始め身形にもしっかりと気を使って臨まなければいけません。

そこでまず1つの問題が浮上するのですが、
おしゃれと身嗜みを履き違えてしまっている方というのが意外とたくさんいらっしゃるようなんです。
男性の髭や女性のアクセサリーなどがその代表格ともいえるでしょう。
しっかりセットされた髭や、自分の魅力を引き出してくれるアクセサリーは
確かに身形を綺麗に見せてくれるのでしょうがそれらは一般的に面接という場には不適切と判断されてしまいます。

髪型についても同じです。
金髪は男女共にNGなのは常識ですよね?
ですから流石にそれで面接に臨もうという方は稀だと思います。
ただ、女性で多く見られるのが茶色ならば問題は無いだろうと勝手に思い込んでしまうというケース。
面接は基本的に清潔感のある髪型で望むのがマナーです。
なのでできる限り黒髪で行くことをおすすめします。
どうしても黒髪にはしたくないというのならせめて明るい色は避けて落ち着いたブラウン程度に抑えましょう。
元より地毛が赤っぽい人もいらっしゃることですし、それぐらいなら大抵の場合見逃してもらえるはずです。

ちなみに服装同様、職種によっては髪型や色も自由なところはありますがやはり程度は異なります。
ですから面接の際にはビジネスマナーを意識して控えめな格好を意識しておきましょう。
無事に入社できればその後周りを見て少しずつ緩めていけば良いと思いますよ。



Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.