転職を本気で考える
TOP知って得するトピック>子育てブランク明けの人は子供を預けられるということを告げておくと有利

子育てブランク明けの人は子供を預けられるということを告げておくと有利

昔に比べれば、今は女性であっても社会に出て働きやすい環境になってきていると言えるでしょう。
ですがやはり企業によってはまだまだ女性を受け入れることに抵抗を感じるというところも多いようです。
特に子持ちの主婦の転職となると難易度はかなり高くなってしまいます。
それなりの実務経験があっても子育てブランクや年齢、
そして「もし子供に何かあったらそちらを優先されるのでは」という心配をされてしまうため
採用してもらえない場合も多いというのです。

私からすれば「何かあればそちらを優先するのは当然」と思ってしまうんですけどね...。
男女関係なく大抵の人は家族に何かあれば当然そっちを優先するでしょう?
ですが実際のところ、男性に比べれば業務に支障をきたしてしまう可能性が高い立場にあるというのは
間違いではないのでそう強く主張できないというのも理解しています。
女性の多い職場であれば理解し協力してくれるところもたくさんあるとは思うのですが、
それだと今度は職種が限られてきてしまいますよね?

ですから希望の職種に就きたいと思うのでしたらまずはしっかりとした預け先を見つけることです。
面接でも子供の預け先があると告げることができればそれは絶対的な強みになります。
実家が近ければ両親に協力してもらうというのが最も確実だとは思うのですが、
そうもいかない場合にはやはり保育所などの育児施設に預けるしかないでしょう。
ただし当然保育所は24時間営業ではありませんから
預かってもらえる時間というのも予め考慮して探さなくてはいけません。
一般的には午後2時から4時頃までというところが多いようです。
フルタイム勤務を希望するなら延長保育ができるところを探しましょう。

また、乳幼児以上に預け場所に困るのが小学生のお子さんです。
高学年にもなれば多少目を放しても問題はないと思うのですが、
親としては1人で家においておくというのはとても不安なことと思います。
そこで提案したいのですが、各地域には学童保育という放課後一時預かってくれる施設があるのだそうです。
低学年が対象の場合も多いそうなんですが、一度調べてみる価値はあるかと思いますよ。
ちなみに、私が通っていた小学校では親が予め手続きをしていれば
何年生であっても6時までなら残っていて良いという教室がありました。
学校がそういったサポートをしてくれるというのは共働きの親御さんにとって、とても有り難いことだと思います。


子供の画像




Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.