転職を本気で考える
TOP知って得するトピック>資格は転職に役立つ?

資格は転職に役立つ?

よく勘違いをなさっている方がいらっしゃるようなのですが、
資格を持っていれば未経験であっても転職が有利に進められるということはまずありません。
中途採用の場合は特に、資格よりも実務経験が問われます。
看護師やSEなど資格を持っていなければ就けない職もありますが、
そういう職種は資格を持っていて当然とされているためこれについても別段有利になるというわけではありません。

ですが、転職に有利な資格の取り方というのはあります。
それは"前職に関連する資格を取得する"というもの。
資格というのは基本的にキャリアチェンジのためではなくキャリアアップのために取得するものです。
ですから職種は変えずに今居る職場のもう一歩先を行く職場に転職したいというのでしたら、
それに関連する資格を取得する意味は十分にあるといえるでしょう。

もし前職とは全く違う新しい職種に就きたいというのでしたら資格の取得に時間をかけるよりも、
前職で得たスキルや経験を活かせる点を見つけてそこを具体的にアピールする方が良い結果に繋がるはずです。

また稀に「とりあえず持っていればいつか役に立つだろう」との考えから、
いくつも資格を取得していて更にそれを全て履歴書に書き連ねてしまう人がいらっしゃいます。
履歴書に用意された項目は全て埋まっていた方が見栄え的にも良いように思うのですが、これは間違った行為です。
資格というのは目指す職種に必要なものを選んで取得しなければ
有利になるどころか逆の効果を齎してしまうこともあるんですよ。

というのも、資格があるからという理由で望んでいない部署に配属されてしまったり、
その資格があるなら別の企業に行けば良いのではと考えられて不合格になってしまうこともあるからです。
履歴書の資格欄は必ずチェックされるところではありますが、
持っていないもしくは職務内容と直結しないようであれば
書かない方がマシということもありますのでよく考えて記入しなくてはいけません。









Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.