転職を本気で考える
TOP転職エージェント>転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組み

求職者に紹介料や手数料などといった料金を請求することは職業安定法により民間、国を問わず禁じられています。
ですから当然転職エージェントを利用するのにも料金を支払う必要はありません。
ただ転職エージェントのサービスというと求職者一人一人に担当のCAが付けられたり、
そのCAが雇用側と求職者の仲介役を担ってくれたりと幾分過剰な気もします。
特に実際に就職を希望する企業に足を運んで人事の方相手に直接給料の値上げを
交渉してくれるなんて他では考えられないレベルですよね?
それらサービスが全て無料というのですから「何か裏があるのでは?」と多少不安に思ってしまうのも仕方がないことでしょう。

ですが転職エージェントの仕組みを知ってさえいればそのような不安もなくなりますのでご安心を。
そもそも転職エージェントとは一体どのようにして成り立っているのかというと、
雇用側との利害が一致しているというのが重要なポイントといえるでしょう。
というのも、転職エージェントの仕組みを簡単に表現すると以下のような流れになるからです。

・企業から求人を募り転職希望者を集める。(その際企業に掲載料をもらう場合もある。)
・求職者の条件や適正に合った職場を紹介する。
・連絡事項や交渉の仲介役を務める。
・企業側が採用すると決めたら報酬が支払われる。


このように転職エージェントは基本的に企業から成功報酬がもらえる仕組みとなっているんです。
つまり採用者が出なければ報酬も出ないということ。
受け取る報酬の額は通常雇った人の年収のうちの何%かというと、30%程度のようです。
なので例えば年収500万円の社員さんを一人採用させたら150万円の報酬が得られるんですよ。
それだけの利益を上げられるのですから多少過剰とも思えるサービスが無料で受けられるというのも頷けますよね?













Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.