転職を本気で考える
TOP転職エージェント>転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット・デメリット

転職先を探す場合に考えられる手段は幾つかありますが、
その何れにしても今の世の中確実に自分に合ったところが見つかるとは考え辛いというのも事実です。
職種にしても環境にしても、相性が悪ければ仕事なんてそう長く続けられるものではないですよね?

ですからどうせ探すのなら相性が良く、長く働ける職場を探したいもの。
そこで是非とも利用してみたいのが、自分のキャリアや適正を客観的に見て的確なアドバイスをしてもらえるという転職エージェントです。
ただし何事も利点ばかり見ていては上手く利用するどころか逆に利用されてしまうこともあるということを覚えておきましょう。
転職エージェントについても、実際に利用する前にある程度の知識は持っておいた方が有意義な職探しができますよ。
ということで、ここでいくつかのメリットとデメリットを挙げてみますね。

まずメリットですが、これは最初にいいましたように自分のキャリアや適正を客観的に見て的確なアドバイスをしてもらえるというのがまず1つ。
そしてサポートが充実しているので効率的に転職活動が行えるというのが2つ目。
あとは非公開求人を紹介してもらえるとか、知名度が低いので競争率も低いという中小企業を紹介してもらえるというのも大きなメリットといえます。

名刺を渡す

さてではデメリットについてお話しましょう。
転職エージェントは成功報酬型であるというのはここまでに何度か説明して来たと思うのですが、
それにより少し困った職員さんも出てきてしまうようなんです。
一部の方とは思うのですが、「とにかく採用させよう!」と必死になってしまうCAの方もいらっしゃるらしく
本来最も重視するべき求職者の希望そっちのけで"確実に入社できるところ"を半ば強引に薦めてこられるというようなケースもあるんだそうです。
その場合担当のCAさんを別の方にしてもらうことは可能なのですが、
意思の弱い方ですと流されてしまって結果志望度の高い職に就けないことも考えられてしまうんだとか。
CAさんもビジネスとして動いてくれているに過ぎないので、どうしても合わないということでしたら気兼ね無く違う方に代わってもらいましょう。

もう1つのデメリットは、どんな人であっても必ず仕事を紹介してもらえるわけではないということ。
あまりにも経歴が悪すぎたり、希望内容に無理がありすぎると判断されてしまった場合登録を拒否されてしまうこともあるそうです。
何度もいいますが転職エージェントは成功報酬型ですから、
この人はどう頑張っても採用の見込みはないだろうと判断されてしまうと登録を拒否されてしまうんだとか。


Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.