転職を本気で考える
TOP転職する前に気を付けておく事 志望動機の書き方>20代は足りない部分を学んでいく意思を見せる

20代は足りない部分を学んでいく意思を見せる

書類選考のポイントは、その人がどれだけ立派な経歴を持っているかではありません。
経歴と志望動機が、今実際に就職を望んでいる企業の職務内容にリンクしているかどうかが重視されます。

何故なら企業が求めているのは即戦力になる人材や長く働いてくれる人材だからです。
前に務めていた企業と今就職を希望している企業の内容が全く違うものであれば、
到底戦力とはなり得ませんし、考え方が異なれば早々に辞めてしまうのではと考えられてしまいます。

ただ、20代といえばまだまだ経験が浅い世代です。
ですからただ経験を書くだけでは即戦力になるとは判断され難いかもしれません。
ではどうするべきなのかというと、志望動機の書き方を少し工夫すれば良いんです。
今までに経験してきたものの数が少ないというのなら他に「具体的には何ができる」とか
「採用されたらこういったことをしてみたい」、
「将来はこうなりたい」というような展望を書くんです。
その時に重要なのが内容に一貫性があるかどうか。
"やりたいこと"と"やってきたこと"が全く違うようでは志望動機に説得力が出せませんからね。

一貫して同じ職種を目指していて将来はその経験を活かせる職に就きたいという意思の強さが伝われば、
「積極的に職務に取り組んでくれるのでは?」「長く働いてくれるのでは?」と思ってもらえて
採用される確率もぐっと上がるはずですよ。







Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.