転職を本気で考える
TOP転職する前に気を付けておく事 職務履歴書を書くコツ >自己PRは活かせる経験を具体的に盛り込む

自己PRは活かせる経験を具体的に盛り込む

一般的に相手との関係というのは第一印象で決まるのだといいます。
ですが入社を希望している企業の採用担当者さんは、
求職者さんの第一印象を履歴書に載っている情報からイメージするしかありません。
なので当然情報が少なかったり内容が平凡すぎたりしてしまうとイメージし難いものなのです。
綺麗な字を意識して書くとか書き飛ばしや略称を避けるというのは当たり前のことなので、
それによって好印象を持ってもらえるというようなことはまずないと思っておいてください。

履歴書を作成する上で、大事なのは"採用担当の方にどれだけ自分を印象付けられるか"です。
とはいえ手紙のような長文でアピールしたり、持っている資格を全て列挙するというのは
大抵の場合が逆効果になってしまいますので避けていただきたいところ...。

自己PRは簡潔明瞭でなければ読み手を飽きさせてしまいますし、
何より無駄に長いと要点が掴み辛くなってしまいます。
企業は即戦力になるような人材を求めていますのでスキルや能力は勿論、
経験や実際のエピソードなどを交えた上で尚簡潔に書けていれば
志望動機にも説得力が出てきますし採用担当の方にも印象付けられるはずです。
今までの経験や実績をその企業で具体的にどう活かせるか
自分の言葉で表現するというのも重要なポイントですよ。

実績は数値化すると伝わりやすいと思います。
それが無理なら箇条書きでも構いませんので見易さ、
わかりやすさを重視して読み手に伝わりやすい書き方を心がけましょう。
資格については多ければ多いほど良いような気もするでしょうが、
下手をすれば単なる資格マニアと思われて終わってしまいます。
数が多い場合には直接業務に関係があるものや
取得レベルの高いものを厳選して幾つか書いておくようにしましょう。





Copyright ©2012 転職を本気で考える Allright Reserved.